ひげの濃さと遺伝の関係性

ひげの濃さと遺伝の関係性

女性のファッションの多くはスカートを履いたり、ノースリブなどの四肢の露出が多いものが多く、こうしたファッションが女らしさでもあります。

 

そのため、こうしたファッションを着こなすために腕や脚などの脱毛を行う人は数多くいます。女性の場合、男性に比べても体毛は少ない傾向にあることから、体毛が少ないことが女らしさにつながる一面すらあります。そのため、より女らしさを上げるためにはむだ毛の処理を欠かすことができないのです。

 

しかし、そんな体毛も人によってそれぞれ濃さや量に違いがあり、むだ毛の処理が必要な人も入れば、むだ毛の処理を全く必要としない人もいます。
こうした、体毛の濃さや量の違いは、遺伝によるものが多いといわれています。

 

そもそも、人間の身体には男性ホルモンと女性ホルモンの双方が含まれていますが、そのホルモンバランスは人それぞれ違います。そして、そのバランスは遺伝によるものが多いといわれています。

 

そのため、女性でも男性ホルモンの量が多い人はひげが生える人もおり、そのホルモンの量は遺伝によって変わるのです。

 

産毛のようなひげでも目立ってしまいます

ストレス社会と言われる昨今、体調管理には万全に対策することが求められています。免疫力の低下による疾病の他にも、うつなどの精神的疾患も要因となっています。
他にも、ホルモンバランスの均衡が破られることで、身体的特徴をも変化させることが指摘されています。実は、女性のひげ問題もそれにあてはまるものです。

 

女性にも男性ホルモンがあるため、個人差で体毛のあるなしがはっきりします。しかし、口元のひげは目に見える部分であって、デリケートな問題もあって少々やっかいです。産毛の状態とは言えど、顔の陰影として映るため、結果的に目立つものとなります。

 

ひげが生えたからといって、毛抜きやカミソリで処理することはお勧めしません。

 

なぜなら、毛穴が大きく開いて肌がたるんでしまい、余計に悪化する恐れがあるからです。ここでポイントとなるのが、女性ホルモンの活性化と毛穴に働きかけることです。

 

女性ホルモンは大豆製品を積極的に摂ることで改善され、毛穴の問題は専用のコスメを取り揃えて、定期的にお手入れすることで毛が目立たなくなります。

 

⇒産毛用のクリームがあるって知ってましたか?