女性のひげおすすめ脱毛法

女性のひげおすすめ脱毛法

あなたは鼻下やあごのひげは生えていますか?もし気になるぐらい生えている女性は処理はどうしていますか?
おすすめの脱毛法など見つけていますか?私なら断然優しい抑毛クリーム。

 

しかも女性ホルモンと同じ働きをする成分が入ったクリームでスキンケアもしてくれるクリームです。
でも、これだけだと毎日ひげが生えたまま会社に行かないといけない。
そんなことはできない。もっと他の脱毛法。即効性がないと無理という女性もいますよね。

 

そういう方はかなり深刻に悩んでいらっしゃる可能性があります。
すでに産毛ではなく完全にひげとして生えてきている。
何度も剃りすぎて色素沈着を起こしている。

 

色素沈着はしていないけれど、剃った跡が青くなって男みたい。
すでに主人に指摘をうけて、痛いけど頑張って抜いている。
抜いたら、毛穴が開きっぱなしになって、こころなしか皮膚がたるんだ気がする。
開いた毛穴から雑菌が入って吹き出物になってしまった。それで跡が残ってしまったなど。

 

そこで、脱毛方法を少し調べてみました。
脱毛方法は大きく分けて光脱毛、医療脱毛(医療レーザー脱毛)、針脱毛(ニードル脱毛)の3種類の脱毛があります。
光脱毛は脱毛サロンで主に行われている脱毛方法で、医療脱毛は美容外科などのクリニック(医療機関)で行われています。

 

針脱毛は一部のサロンで美容電気脱毛として、また一部の病院で絶縁針脱毛として行われていますが、実施しているサロンやクリニックは少ないそうです。

 

光脱毛は脱毛サロンで主流の脱毛方法で、黒い色に反応する光を照射して、毛根にダメージを与えてムダ毛を弱らせ細くしていく方法です。

 

サロンによってIPL脱毛、S.S.C.脱毛などちょっとした違いはあるけど、脱毛の仕組みは基本的には毛根にダメージを与えるというので同じです。

 

次に医療脱毛ですが、クリニックで主流の脱毛方法で、医療レーザー脱毛のこと。脱毛の仕組みは光脱毛と一緒だが、光脱毛よりもはるかに強いレーザーを使用するので一度の照射で毛根を破壊することができる。法律上、レーザーは医療機関のみ使用可能なので、エステサロンよりは何かあるリスクは低いと思います。

 

最後に針脱毛です。これは、光脱毛や医療レーザー脱毛よりも古くからある脱毛方法で、毛穴に特殊な針を差し込み微弱な電流を流すことで毛根を破壊する。
脱毛サロンでは美容電気脱毛、クリニックでは絶縁針脱毛として行われる。とても強い痛みがあるが、光やレーザーより確実に処理できる。

 

現在では針脱毛を行っているサロン/クリニックはとても少ないそうです。なぜなら、時間はかかるし、痛いし、大変な労力がかかる割りには効率が悪いからですね。

 

お値段はサロンや医療機関によって様々だと思います。顔全体のパッケージがあったり、回数券があったりしますので、自分のライフスタイルに一番合ったものを選んでみてくださいね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?